2007年10月17日

自転車通勤にまずはこれからといえる自転車メーカーGTバイシクルズ。

スポンサードリンク

GTバイシクルズ (GT Bicycles) は、自転車メーカーブランドです。1970年代にアメリカ合衆国のカリフォルニア州で設立され、アメリカのスポーツ自転車メーカーの「ビッグ・フォー」の一角を占めるに至っています。GTは創立者ゲーリー・ターナーのイニシャルです。GTバイシクルズのイメージカラーは青と黄色です。では、GTバイシクルズの特徴はどういうところなのでしょう。GTのリジットフレームでは、トリプルトライアングルフレーム(クロスドシートステイ)という独特なフレーム形状を採用していいます。このトリプルトライアングルフレームは、シートステイがトップチューブまで延長されて一本につき2カ所で溶接されているのが特徴なのです。本来は剛性の高さと乗り心地のよさを両立できる反面、重量的には不利であるとされるため、敬遠されるところであるそうです。サスペンションフレームの開発にも積極的で、RTS(ロッカーチューンドサスペンション)、LTS(リンクスチューンドサスペンション)、I-Drive等革新的かつ高性能なフレームを開発しています。GTバイシクルズは街の量販店でも比較的目にすることが多く、一般の人になじんだ自転車メーカーではないでしょうか。お値段も手のでやすい金額も比較的見受けられるので自転車通勤初心者にはうってつけの自転車ではないでしょうか。

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 08:13 | 自転車メーカー

2007年10月16日

業界の常識を打ち破る自転車メーカー キャノンデールcannondaleとは。

スポンサードリンク

キャノンデールの歴史はデザイン、テクノロジー、そして走る歓びといえるでしょう。自転車メーカー業界の常識を打ち破ってきたヒラメキが満ち溢れています。自転車の未来を見つめ、可能性を追求し、画期的なアイデアで世界中のファンに新たな驚きと楽しみを提案し続けてきたキャノンデールは創業当時から受け継ぐ「INNOVATION&QUALITY」の精神とハンドメイドへのこだわりを持っています。設立は1971年。アメリカコネティカット州にある駅舎が発祥の地といわれています。以来、キャノンデールは数々の「世界初」を生み出しています。世界初のバイシクルトレーラー "Bugger"、世界初の大径アルミフレームバイク、世界初のリアサスペンション付きフレーム"E.S.T"。ペンシルヴェニア州ベッドフォードにある自社工場では、今も変わらず熟練の職人たちがさらなる革新を作り続けています。そんな歴史あるところがキャノンデールの魅力ではないでしょうか。ではこれからのキャノンデールはどこにむかっていくのでしょうか。設立35周年を目前に控えた2005年には、新境地となるフルカーボンバイク「シナプス」を発表しています。さらに、イタリアのシューズメーカーディアドラ社と業務提携し、カナダのアパレル&アクセサリーメーカースゴイ・パフォーマンス・アパレル社もグループの一員に。バイク部門以外の分野にも積極的に参加して、新たな試みに挑戦しているようですね。これからの総合自転車メーカーとしてさらなる飛躍を目指します。そしてキャノンデールとしての歴史がまた刻まれていくのでしょう。伝統と先進的な部分を持ち合わせたトップブランドのひとつではないでしょうか。

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 20:59 | 自転車メーカー

選手が立ち上げた自転車メーカールイガノ(LOUISGARNEAU)とは?

スポンサードリンク

1984年のロス五輪、トラック競技で入賞経験を持つ選手ルイ・ガノが立ち上げた自転車ブランドメーカーです。それが世間で評判を呼び、現在では自転車ウェア以外にもクロスカントリースキー、フィットネスウェアーなど幅広くアウトドアスポーツに進出しています。 カナダのナショナルチームのユニフォームに選ばれるほど機能的にも優れ、デザインもポップでユニークなプリントモデルからシンプルなモデルまで幅広く取り揃えているようです。また、フルオーダーに対応しているのも特徴の一つではないでしょうか。ウエアや自転車もシティ的な印象を受け、デザインもカッコいいので、ルイガノは自転車通勤には非常に良い自転車メーカーではないでしょうか。見た目の格好良さ、スタイリッシュさも自転車通勤にはかかせないですよね。
今やカナダ有数の大企業自転車メーカーブランドへと成長し数々の栄誉与えられ、ヘルメット製作ではISO9002を獲得するなど高い品質が成功を裏付けています。現在、販売拠点もカナダ、アメリカおよびフランスに置き、世界各国に30ものディストリビューターを擁するビッグブランドになり、さらに業用を拡大していくようです。メンテナンスのことなどを考えたら世界的に進出している自転車メーカーブランドの方が安心感がありますよね。購入にあたってはメンテナンスも意識する必要がありますので、検討内容の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 12:19 | 自転車メーカー

一般ユーザーだけでなくプロ選手からも評価が高い自転車メーカー TREK(トレック)

スポンサードリンク

76年にアメリカで創業した自転車の総合ブランドです。自転車に詳しく無い方でもスポーツニュースなどでご存知でしょう。ツールドフランスで現在6連勝中のランス・アームストロング率いるUSポスタルチームにバイクを供給しているブランドだからです。自転車通には非常に人気の高いメーカーといえるTREK(トレック)。ロードバイク、マウンテンバイク共に上位モデルは独自開発のOCLVカーボンを使用しており、一般ユーザーだけでなくプロ選手からも高く評価されています。こだわりの商品を提供するというイメージがトレックにはあります。だから量販店ではなかなかお見かけすることがないのです。公式の販売代理店出ないと販売することができません。なかなか手に入らないイメージがありますので、少しステイタスを感じたいかはTREK(トレック)をおすすめします。ブランドだけでなく車体本体も信頼できるものです。名前ありきではなく商品ありきのブランドは一度手にした人ははまること間違いなしです。ランス・アームストロング(Lance Armstrong, 1971年9月18日 - )とは、本名ランス・エドワード・ガンダーソン(Lance Edward Gunderson)は、アメリカ合衆国テキサス州プラーノ出身の自転車プロロードレース選手。精巣腫瘍との闘病の後、ツール・ド・フランスで前人未到の7年連続総合優勝(1999年から2005年)を達成した有名選手です。ぜひTREK(トレック)を手に入れてのりこなしてみましょう!

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 00:36 | 自転車メーカー

2007年10月15日

アメリカ合衆国カリフォルニア州の自転車関連メーカー Specialized(スペシャライズド)

スポンサードリンク

スペシャライズド(Specialized Bicycle Components)は、1974年にマイク・シンヤードにより設立されたアメリカ合衆国カリフォルニア州の自転車関連問屋だったそうです。1981年には世界初となる量産型マウンテンバイク「スタンプジャンパー」の販売を開始している老舗中の老舗です。当時のスタンプジャンパーは日本メーカーによる高品質なスチールフレームは高い人気を博しました。今でも人気のスペシャライズド。金額も6,7万円でも手に入れることができます。購入しやすい金額ですよね。 ロード用モデルも評価が高く、最近ではツール・ド・フランス参戦チームにも採用されているそうです。今や卓越したデザインセンスだけでなく、ライディングスタイルを提案するバイク作りも非常に注目されているビックブランドとなっています。使用目的によってスタイルやデザインが設定、設計されているところがスペシャライズドの特徴ではないでしょうか。独自開発のボディジオメトリーパーツも定評があり、サドル・グリップなど身近な乗車において快適を感じられる点もスペシャライズドの大きな特徴です。そこが人気の秘密なのですね。「スペシャライズド」の通の呼び方は「スペシャ」です。略して言うと、これであなたも「スペシャ通」の仲間入り!

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 23:11 | 自転車メーカー

2007年10月14日

自転車通勤初心者には世界の自転車メーカー GIANT(ジャイアント)

スポンサードリンク

最近の自転車ブームの立役者の一つといえる自転車メーカーGIANT。本拠地を台湾にを置くワールドブランドなのです。知ってました?しかも世界最大の総合ブランドといえるでしょう。コストパフォーマンスはピカイチでさすが世界のジャイアントだけあって、安くていい自転車を提供しています。しかしそこが自転車好きにはちょっと物足りないところなのかもしれません。世界の自転車工場というイメージが。最近では大手スポーツショップや量販店でよく見かけます。世間に一番浸透しているブランドではないでしょうか。しかしそれでいても上位モデルは評価が高い。先進的であるのに堅実さがにじみ出ています。スローピングフレームでコンパクトロード、前三角が小さいように思えます。軽量化と剛性、コントロール性を実現しているところがすごい。ツール・ド・フランス チーム総合 3連覇の実力をフィードバックし販売用に生かしているところがニクイですね!F1のようなものですね。自転車初心者にはもってこいのブランドです。初心者の自転車通勤にはジャイアント(GIANT)ブランド、これに決まりです!

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 22:53 | 自転車メーカー