2007年10月25日

クロスバイクが軽いのはフレームのおかげなのです。

スポンサードリンク

クロスバイクの車体が軽いか軽くないのかはフレームで決まってくるのようです。クロスバイクやロードバイクのようにスポーツバイクにとって最も重要といえる車体の重量はフレームの質によって大きく変わってきます。最も丈夫なのがスチール、硬くて軽いのがアルミ、軽さと柔軟性やしなやかさを備えているのがカーボンといえるでしょう。様々な素材があり、ピンからキリまでたくさんありますので値段もそれなりに上下してきます。ですから初心者が最初に購入する際、おすすめするのはアルミフレームではないでしょうか。意外と知られていないのですが、フレームにもサイズというものがあります。タイヤのサイズと同じように、洋服と同じようにフレームにもサイズというものがあります。量販店では大量生産なので同サイズのフレームしか見ませんのでなかなか知る機会がないとは思うのですが。体にあったサイズを選ぶようにしましょう。手の長さ、体の大きさ、足の長さ、足の大きさ、体重。全てを考慮し自身にあった自転車のサイズを選ぶべきべきです。ということはフレームの素材が云々というより、先にサイズをしっかり決めて購入しましょうってことですね(笑)。私も最初自転車購入する際、様々なサイズを測られました。これは結構感動ですね。オーダーメードのスーツを飲んでいる感覚もあり、ようは世界に一つの自転車です。これは愛情が入ってしますのも仕方がないことですね。自転車通勤を毎日と考えられている方は、是非自分の体に合ったサイズの自転車を選びましょう。

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 00:30 | 自転車のパーツ

2007年10月22日

自転車通勤に適したクロスバイクのハンドルとは。

スポンサードリンク

自転車通勤初心者である方が最初のロード用自転車を購入するならば、やはり姿勢が楽にとれるフラットバー(一直線型)ハンドルが良いと思います。なぜかといいますと体格や好き嫌いによってステムの長さや角度を調節すれば、体にあった感覚の高い姿勢がとれるからです。通勤に使う自転車であればスーツを着ていることもあると思います。ですのでより姿勢がしっかり保たれるハンドルのほうが良いですよね。体の負担の軽減にもなりますし、なによりそうすることによって、自転車通勤を嫌になることを避けられるということがあります。初心者にとって通勤がしんどいものにならないようにまずはフラットバータイプのハンドルを使用してみてはいかがでしょうか。ドロップハンドルもイメージとは違って、思っているほどきつい前傾姿勢ではありません。意外と思いますが。自転車通勤に慣れてきたら新たなステップとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。そこまでなると自転車通勤だけでなく、休日も自転車でロングランしたくなるはずです。季節を楽しみながらの自転車の遠征も楽しいものです。まずは自転車通勤で体をトレーニングするという考え方もいかもしれませんね。

スポンサードリンク


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ
posted by 自転車 at 23:33 | 自転車のパーツ